橘宏樹『現役官僚の滞英日記』




イギリスに留学中の私の友人の橘宏樹さん(ペンネーム)が、ブログを始めました。しかも、いきなりの5000文字での有料ブログです。日本を発つ前、ブログを書きなよとおすすめしていました。年初の2014年決意表明にて、ブログを書く人を増やすことを表明しましたが、1人実現したことになります。


「【新連載】 橘宏樹『現役官僚の滞英日記』第1回:なぜイギリスなのか」の目次

  • スコットランド独立投票と2015年総選挙
  • ジハード(聖戦)に参加するイギリス人
  • なぜイギリスか
  • イギリスは「うまい」のか
  • 先進国「である」ことと、先進「する」こと
  • 学ぶのか、感じるのか


それにしても、一つ一つの記事が、一回分のブログ記事に相当します。六回分のブログ記事を一回の配信で消耗してしまったみたいです(笑)できれば、細切れに都度更新することをおすすめしたいのですが、そのわけは後述します。


老い行く日本は、先に老大国となったイギリスに学ぶ、イギリスの「先進すること」に学ぶというのは、私もまったく賛成です。最近、太平洋戦争で日本を負かしたのは、アメリカよりも実はイギリスだったのではないか?と思うようになりました。アメリカのほうが武力で上だったかもしれません。しかし、戦略はイギリスが上でした。そしておそらく、現在もアメリカの上を行く戦略国がイギリスだと思っています。



日本を再発見する


先日読んだばかりの在日イギリス人のコリン・ジョイスの著書『「ニッポン社会」入門』にこんな一節がありました。明治時代に先に日本に来ていたバジル・ホール・チェンバレンが、来日したばかりのラフカディオ・ハーンに与えた忠告です。

早急に第一印象を必ず書きとめておきたまえ。いいかね、第一印象というものは、霧のように儚い。いったんいえてしまえば、二度と君のもとに戻ってくることはないだろう。しかし、今後、君がこの国で経験するであろう、いかなる異国情緒とくらべても、この第一印象以上に魅惑的なものはないのだ。


そうです。私が橘さんに言いたかったことはこのことです。異国を訪問すれば、何もかもが新しい。そして、今度は住んでみると、旅行での訪問では見えなかったことが見えてくる。そうした新しい目を養ったところで日本を振り返ると、そこには今までに見えなかった新たな日本が見えてくる。日本の価値が見えてくる。


しかし、その印象は儚い。であるがゆえに、早急に書き留めてもらいたい。だから、一月まとめて書くのではなく、できれば印象に残ったその時に書き残してほしい、そう思います。


異国に住むことになる日本人の方には、私は必ずブログを書くことをお薦めしています。ぜひ、日本の良いところを再発見ください。



イギリス関連の読書


アメリカを裏で操っているのはイギリスだと最初に気づいた本。




老大国イギリスから何を学ぶべきだろう?と思った時に読んだ本。




日本の私学のルーツは、イギリスのパブリック・スクールにあるらしいと知って、読んでみた本。




日英同盟破綻によって日本はイギリスという文明国の先生を失い、迷走し、太平洋戦争へと突入してしまった。




太平洋戦争前のアメリカによる日本への挑発行為を後ろで操っていたのではないかと思います。明らかに、ウィンストン・チャーチルは、日本とアメリカが戦争するように仕向けていました。




イギリスが大帝国を築けたのは、産業革命にあらず。砂糖をはじめとする三角貿易による貿易黒字による富の独占がイギリスを世界帝国たらしめたのではないか?という説を最近あちこちで見かけるようになりました。





↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村