TBSテレビドラマ『LEADERS リーダーズ』ディレクターズカット版を観ました。


『華麗なる一族』や『下町ロケット』といい、『LEADERS リーダーズ』といい、TBSは非常によい日本企業のヒューマンドラマを手掛けてくれます。感動しました。


『LEADERS リーダーズ』は、戦前のトヨタ自動車(作品中はアイチ自動車)の創業期から戦後不況時の銀行融資取り付け、人員削減までを描きます。主人公は、豊田喜一郎をモデルとした愛知佐一郎。


テレビドラマとはいえ、かなり史実に忠実に描かれているように感じられます。豊田喜一郎の起業家精神と高い志、その志に応えようとする銀行家たち。社会が成熟した今であっても、多いに学ぶところがあります。


同じように、井深大と盛田昭夫のソニー、本田宗一郎と藤沢武夫のホンダの物語などもドラマ化も願いたいところです。


来週26日(日)には、『LEADERS Ⅱ』が放送予定です。お見逃しなく!


関連リンク・関連書籍

関連リンク


関連書籍


「豊田喜一郎」の名前で検索するといくつかの本が出ているのですが、この本が最新刊のようです。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村