<目次>
  • 日本のみなさんへ
  • はじめに 国務省を辞めなくちゃならないなんて「かわいそう」
  • Part1 決まり文句を超えて
    • 1 女性神話のウソ
    • 2 男性神話のウソ
    • 3 職場のウソ
  • Part2 色眼鏡をしてる
    • 4 競争とケア
    • 5 資産運用は子育てより難しい?
    • 6 女性運動の次は男性運動
    • 7 ありのままで(レリゴー)
  • Part3 平等への道
    • 8 話し方を変える
    • 9 キャリアプランを立てる(計画どおりにはいかないとしても)
    • 10 職場を変革する
    • 11 思いやりのある市民になる
  • おわりに
  • よくある質問
  • 謝辞
  • 日本語版解説 篠田真貴子


今まさにまもなくこの本を読み終わろうとしているのだけど、

一体全体、仕事と家庭は両立できるのか?というのが命題。

本書の中では、競争(ビジネス)とケアと言いかえている。

ケア、つまり、子育てのこと、介護のこと、弱者の社会保障のことだ。


なぜ、金融の仕事は子育てや介護の仕事より給料がいいのだろうか?

金融の仕事のほうが、経済的価値を生み出すから?

それってほんと?

というのが本書の投げかけ。


介護はともかく、子育てというのは、

育児の時間という投資を子どもに注いでいることにほかならない。

人間をつくるのである。

その経済的価値は計り知れない。

最大の投資といってよいだろう。


競争(ビジネス)とケアのバランスを再定義しよう

というのが本書の主要なメッセージだ。


さて、前置きが長くなり、本日の自分を振り返る。

子どもが5人いる我が家では、

他の家庭よりも、どうしてもケアの比重が高くならざるをえない。

人並みに仕事をして、帰ってきてやれやれと思っても、

家では別の仕事が待っている。


皿を洗って(妻は手荒れで冬は皿を洗えない)、

子どもの学校のことで準備を手伝って

翌朝の弁当作りのことを考えて(金曜の朝は弁当当番だ)。


これもすべて家族へのケア、子どもへのケアと思えば取り組めるが・・・

Time is Moneyで、まさに時間をかけての子どもへの投資。

子ども5人いると、人並以上に子育てに手間がかかるのです。


ふ~


以上


money
image via File:Draw time-is.money.png - Wikimedia Commons
(License : CC BY-SA)


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村