GettyImagesで「美人 日本人」で検索してみた。


序文

あれは16年前32歳の時だったと思う。当時すでに結婚して5年が経ち子どもも二人いた。未婚の後輩に「人生」とは何であるかを語ったことがある。人生とは、美味しいものを食べいい女と巡り会うためにあると。その後輩はいたく感心してみせた。


シンクタンクの少子化リサーチ


さて、当ブログについてシンクタンクのアナリストの天野さんよりコメントを頂きました。天野さんの専門は少子化対策とのことです。私の関心事の社会テーマの一つも少子化です。これまでいくつかの少子化に関する記事を書いてきました。少子化に興味を持たざるをえなくなったのは、一重に私が子宝に恵まれたことにあります。我が家には子どもがたくさんいるのに、どうして日本全体では少子化が進むのだろうと。


というわけで、彼女の少子化に関するレポートをいくつか拝見したところ、興味深いレポートを見つけましたので、紹介します。


一般的に、少子化は婚姻率の低下・晩婚化とともに語られます。そして、婚姻率の低下の原因は若年層の収入の低下とともに語られます。しかし、天野さんはこの世評を否定します。おー、そうなのか!それは知りませんでした。


未婚の原因は「お金が足りないから」という幻想-少子化社会データ検証:「未婚化・少子化の背景」は「お金」が一番なのか- | ニッセイ基礎研究所

本稿の執筆のための分析は、これから結婚を考える男女だけでなく、その家族や職場など彼らをとりまく社会全体も「お金が足りないから結婚できないのではないか」といった結婚観を再考するべきではないか、と筆者に感じさせるもので...

www.nli-research.co.jp


誤解を恐れずにこのレポートのメッセージを私の言葉で要約すると、冒頭の一行に集約されます。


「人生」とは「いい女」と巡り会うこと※


女性の方は「いい女」を「いい男」と読み替えて下さい。ここで言う「いい女」「いい男」というのは、自分にとって理想の異性のことです。「良い(いい)」というのは人それぞれです。美人、家庭的、優しい、かしこい、料理ができる、楽しい、etc。。。私にとっての「いい女」は、あなたにとっての「いい女」とは限りません。


では、天野さんのレポートから数字を拾ってみます。


※天野さんがレポートでこう表現しているわけではありません。あくまで私の表現です。

婚姻率低下の真の理由は何だろうか?(レポート概略)

(数字はレポートから抜粋)

結婚に必要な最低金額の感覚:
  • 既婚者:1位:400-500万、2位:300-400万
  • 未婚者:1位:400-500万、2位:500-600万


1位の金額帯は既婚者と未婚者で同一ですが、2位になると大きく異なります。未婚者が結婚にはお金が必要だと思っているよりも実際には既婚者はお金が必要ないと思っています。つまり、結婚生活にはお金がかかるというのは未婚者の幻想に過ぎないのかもしれません。婚姻率低下を歯止めするには、まず世間全体のこの誤解を解くことが必要そうです。


25-34歳の独身に留まる理由:
  • 男性1位:適当な相手と巡り会わない。46.2%
  • 女性1位:適当な相手と巡り会わない。51.3%


そして、じゃぁ自分はどうして独身に留まるのかと問われれば、異性と巡り会わないことを男女ともに1位に挙げています。一方で、既婚者はどうして結婚に踏み切ったかというと、以下のとおり。


結婚した一番のキッカケ:
  • 男性1位:好きになった相手と一緒になりたいと思ったから。52.8%
  • 女性1位:好きになった相手と一緒になりたいと思ったから。46.0%


独身者の答えの裏返しですね。


独身者の9割は結婚を希望していると言われていますが、実現するには、稼ぐことももちろん大切ですが、それよりも異性と巡り会うことのほうがより大切ということになります。


「人生」とは・・・


過去を振り返ってみると、私の20代前半というのは、彼女がいた時期もありましたが、彼女がいない時期は女性との出会いを希求していました。「希求」と表現すれば聞こえはいいですが、「飢えてた」という表現のほうが実態に近いかもしれません。とにかく彼女が欲しかった。それに早く結婚したかった。


合コンの誘いがあれば出向きましたし、学生時代の伝手を使い合コンの企画もしました。大学時代のサークル(E.S.S.)は女子比率が高かったのですが、積極的に同窓会も開きました。そして、同窓会の再会で二目惚れをし、思い切って告白した相手が現在の伴侶です。早く結婚したいという希望が叶い、26歳で結婚し、28歳で第一子を授かりました。



さて、20代-30代の独身男性のみなさんにもう一度言います。


「人生」とは「いい女」と巡り会うことである。
あとは行動あるのみです。


以上


余談)遠回りのことをせずに直接行動に出よ!


ちょうど昨日、映画『夜は短し歩けよ乙女』が公開されました。一昨日、この映画の全面広告の山手線電車に乗り合わせました。主人公の声は、あの!星野源です。主人公の彼は、「ナカメ作戦」という作戦を決行します。「なるべく彼女の目に留まる」作戦です。そんな遠回りのことをせずに直接行動に出よ!というのが主題のようです。異性に巡り会うために行動せよという本ブログ記事の趣旨にぴったり合っています。『君の名は。』に続いてブレイクしそうですね。映画を観る前に原作本を読んでみようと思います。


夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦
角川書店 ( 2006-11-29 )
ISBN: 9784048737449

続余談)オチ


悪女フェチな私にとっての「いい女」との顛末イメージです。意味はありません。適当なブログ用見出し画像が必要なのでした。





↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村