今月末の7月31日(日)に行われる東京都知事選挙。

投票先は、早々に小池百合子氏に決めました。

早速、「インターネット応援団」に応募しました。


決め手は、何と言っても昨日の猪瀬直樹氏の自民党東京都連の告発です。


猪瀬直樹氏が内田茂自民党東京都連幹事長を「東京のガン」と名指しで告発



元を辿ると小泉元首相の「女も度胸がある」発言の産経新聞記事。



猪瀬直樹氏は、産経新聞は小泉元首相の真意をくみ取っていないと指摘をした。


小泉元首相の「最近は女も度胸がある」との発言の真意が伝えられていないようなので解説しておきたい。小泉元首相は既得権益への斬り込みを小池氏に期待しているのだ。


猪瀬直樹氏は、自民党東京都連の恥部を暴露してしまいました。


かつて、国政の場において「自民党をぶっ壊す」と言った小泉純一郎氏。

その東京都版ミニ劇場が、今、火ぶたを切られようとしているわけです。

小池百合子氏は、東京都議会解散&選挙を公約に掲げています。

その意味するところは、「自民党東京都連をぶっ壊す」に他なりません。


それにしても、自民党東京都連の、なんと前近代的な体質なのでしょう。

かつての利権体質の国政の自民党と同じように、反吐が出ます。


「東京のガン」と名指しされた内田茂氏とは?


「東京のガン」と名指しされた内田茂氏。

名前を検索すると、どんどん出てきます。



「東京都のドン」と呼んでいるのは、何も猪瀬氏に限ったことではありません。

東京都の政治に詳しい人たちには知られていたことなのでしょう。


増田寛也氏ではダメなのか?


100%ダメです。

舛添は東京都のドンの傀儡でした。

増田も既に東京都のドンの軍門に下っています。



内田茂自民党東京都連の恐怖政治


次の東京都議会選挙では、こんな前近代的な恐怖政治を平然と行う自民党議員を落としましょう!


その前、増田寛也は絶対ダメだ。

万が一、増田寛也が東京都知事になった場合、

東京都への納税を忌避するために

地方税分、税金を東京都外へ寄付します。


それにしても、どうして、大手メディアは、東京都の恥部を報道してこなかったのでしょうか?


猪瀬氏が投下した爆弾。

早速、スポーツ夕刊紙が取り上げたようですが、

次に週刊文春当たりが取り上げてくれれば、

増田氏劣勢は確実になるでしょう。


では猪瀬直樹氏は信用できるのか?


私は信用しています。

元々彼は、利権政治に切り込んだジャーナリスト。

印税&タレント活動の収入があるため、利権に絡む必要がありません。

今回、東京都連を告発できたのも、失うものがないからでしょう。


「東京のガン」は、自分の利権を脅かす猪瀬直樹氏を都知事から追い落とし、

排除したつもりだったかもしれない。しかしどっこい。

辞任してしまえば、もう失うものはない。


内田茂は、選挙にも勝てないし、ハッキリ言って政治的に無能じゃないか。

なんでこんなおっさんに力を持たせているのか。

東京都連会長の石原伸晃はバカか。


それに、政治家の本を読み進めば、

誰が有能か誰が無能かは一目瞭然です。


【読書のすすめ】政治家の本を読めば、その政治家の政治信条や本音、人間性が分かる


ということで、猪瀬氏のお薦め本を紹介しておきます。


二宮金次郎は元祖行政改革の人


政治的決断の重要性を説く

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)
猪瀬 直樹
中央公論新社 ( 2010-06-25 )
ISBN: 9784122053304


小池百合子氏の本


こちらは、これから読みます。

異端のススメ
林 修, 小池 百合子
宝島社 ( 2013-12-14 )
ISBN: 9784800215437

ふろしきのココロ
小池 百合子
小学館 ( 2009-07-01 )
ISBN: 9784093878487


日本文化への造詣が深い様子で、東京オリンピックのホステス役として、相応しいのではないでしょうか?


追伸


鳥越俊太郎氏について触れるのを忘れましたが、民進党と共産党の共闘は論外です。論ずるに値しません。

先の参議院議員選挙で民進党に投票された方、私の周囲で今のところ一人もいないのですが、民進党と共産党の共闘を認めるということはどういう了見なのか、ぜひ、お話をお聞かせ願いたいです。


どういう了見なのか、それが腹落ちしない限り、民進党単体では支持することがあっても、共産党と共闘した民進党を支持することはありません。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村