読書日記人気ランキング


『週刊東洋経済』の「ライフシフト」特集からポイントを抜き出し、コメントしました。今後あちこちで「ライフシフト」を説明していく際に使えます。


ライフ・シフト読書会


既に『LIFE SHIFT』読書会実践者の方々がいました。今後、『LIFE SHIFT』輪読会を開催する上で、お声がけすることも一考してみます。


  • 『ライフ・シフト』読書会 ワリス田中美和氏
  • 「ライフシフトラボ」読書会 崎山哲也氏
    「エクスプローラーといっても普通の会社員には敷居が高い」「まず読書会などに参加して、日常の流れを少し変えることが有効」(崎山さん)


31人の体験ルポ あなたの隣の実践者たち


31人の実践内容を分析してみました。(私が考える)難易度の低い順にそれぞれ何人いるか、まとめてみます。


  • 勉強会参加  3名
  • 通学     2名
  • 複業     5名
  • 育児休暇   1名
  • 転職     7名
  • 転業     1名
  • 再就職    1名
  • フリーランス 7名
  • ノマド    1名
  • NPO主宰  2名
  • 起業(経営) 1名


こうして見ると、非常に種類が多いです。転職やフリーランスなどもライフシフトの範疇とするならば、ライフシフト実践者は今までも相当数いたことになります。


勉強会参加

実践の第一歩は、まずは勉強会参加でしょうか?自ら読書会を主宰し、複数のコミュニティ・読書会に参加、PTA活動8年目になる私にとってみても、「仕事以外」の場に参加するのは、最も敷居が低い方法です。また、後ほど触れますが、キャリアを積んだ後に学び直すことは、ライフシフト必須の条件でもあります。


育児休暇

この中で目を見張るのは、育児休暇やノマドワーカーです。私の周りでも中期の男性育児休暇取得者が何人か出てきました。12年前、勤務先が男性育児休暇制度を導入した時、その第一号利用者だったのですが、付与された休暇はわずか3日でした。残りは通常の有給休暇を使い、連続16日の休暇を取りました。今は制度自体が変わって、男性も中長期の育児休暇が取れるようになりました。10年前に今の時代が来てくれていればよかったのに。。。


ノマド・サバティカル

もう一つはノマドワーカー。家族を連れて世界を旅しながらネット上で仕事。ある意味理想的ですが、誰でもできるものではありません。


この例でふと思い出したのが、欧米のサバティカルです。中長期のリフレッシュする休暇のことです。私の勤務先にも、育児・介護休暇以外に休職制度はありますが、病気や怪我の療養で休職している人はたくさんいますが、リフレッシュのために中長期で休職したというのは聞いたことがありません。


これは制度の問題というよりも組織風土の問題だと思います。制度上は休職制度があるわけで、実際、使途を限定しない中長期を認めるかどうかというのは、周りに迷惑をかけないか?とか、そんなに中長期離脱されては困るといった、組織・組織風土の問題だと思います。また同時に、中長期離脱しても、戻ってきてほしいと思われる人材である必要もあります。



読書日記人気ランキング


日本型雇用の足かせ


  • 公的年金
  • 社会保険
  • 日本型雇用慣行(専門性よりジェネラリスト)
  • 少ない学び直しの機会


公的年金・社会保険制度、日本型雇用慣行は、中長期の休職・転職・起業などに不利です。サバティカルを難しくしている要因にもなっています。学び直しの機会は、読書をする、大都市圏では勉強会に参加することである程度カバーできます。ドリーム・インキュベーターの堀紘一氏は、年間読書量100冊は大学院通学に匹敵するとしています。



会社員でもできる隠れライフ・シフトの選択


隠れエクスプローラー
  • ① 社会人大学院などに通学
  • ② 社外勉強会・異業種交流会に参加
  • ③ 産休、育休を活用してインプット
隠れポートフォリオ・ワーカー
  • ④ 社内で違う部署の仕事を手伝う
  • ⑤ 休日にNPO活動
  • ⑥ 知人のスタートアップを支援
  • ⑦ マンションの管理組合、PTA活動などに参加


この中で、②⑦は実践済みです。③は31人の体験ルポの事例にあった通りですね。④⑤⑥は未実施につき、今からでもできそうです。


著者運営サイトでのアンケート・資産診断


著者が運営しているサイトがあります。



アンケート(After reading "The 100 Year Life" I have taken steps to)

『LIFE SHIFT』を読んだ後に実践したことのアンケート調査があります。もしよろしければやってみてください。文末にアンケート結果を載せておきます。


資産診断

実践度診断があります。全部で4段階あります。全部で20項目ぐらいありますが、よろしければ試してみてください。


Diagnostic – The 100-Year Life


  • 生産性資産(Productive Assets)
  • 活力資産(Vitality Assets)
  • 変身資産(Transformational Assets)
  • 有形資産(Tangible Assets)


『LIFE SHIFT』を読んだ後に実践したことアンケートの結果


多い順に並べます。


  • 身体健康の改善・フィットネス(Improve my physical health and fitness)20%
  • スキル・知識の向上(Upgrade my skills and knowledge)18%
  • ライフと仕事のより良いバランスの検討(Seek a better balance between life and work)17%
  • 長期の資金計画を改善(Improve my long-term financial position)16%
  • より長いキャリアの支援(Support a longer working career)15%
  • 幅広く多様な人脈(Broaden and diversify my network)14%


健康が1番に来たのは意外でした。


読書日記人気ランキング


以下は個人メモ(非公開)です。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村