<目次>
  • #242 バクバクだ
  • #243 癒しのランデブー
  • #244 週刊六太
  • #245 緊急連絡
  • #246 新しい私
  • #247 聴こえますか
  • #248 月面着陸
  • #249 最初の一手
  • #250 父の長い一言


読書日記人気ランキング


25巻で宇宙に向けて飛び立ったムッタたちCES-66のクルーたち。せりか・絵名の滞在するISSと接近遭遇した後、着陸船オクトパスとランデブー。ムッタは宇宙から『週刊六太』を放送する。そこへ地球から緊急連絡。ALSで患うシャロンの呼吸が停止。オクトパスで月面に向かうムッタたちと人工呼吸器の手術を行うシャロンが交差する。シャロンの施術室にはムッタの月面着陸の声。オクトパスはバランスを崩して倒れそうになるものの、ムッタの機転で転倒せずに着陸を果たす。機外に出るムッタ。転んでしまい、月面への最初の一歩ならぬ最初の一手をついてしまう。そして家族からのビデオメッセージ。「男なら親父より楽しめ」という父のメッセージ。


<目次>
  • #251 せりかの噂
  • #252 日本人
  • #253 鍵と鍵穴
  • #254 私しかいない!
  • #255 せりかを想う
  • #256 泣かない人
  • #257 発する言葉
  • #258 使命
  • #259 希望に水滴


27巻は一貫して伊藤せりかのストーリー。ISSでALS患者のワクチン開発を目指すせりか。しかし地上では、せりかは製薬会社から賄賂をもらっているのではないかという噂が立つ。JAXAの茄子田と星加の噂否定コメントに反して、悪評は広がる。文科大臣に呼び出され、ALS実験の中止を求められる茄子田と星加。ALSワクチン開発のポイントはタンパク質TDP-43変異の活性化の阻害。TDP-43のきれいな結晶を作れば、それが鍵穴となり、鍵となるワクチンが開発できる。


ブログを書く絵名は噂を否定する内容を書きかける。せりかを助けることができるのは私しかいないと。そこへJAXAからALS実験中止指示の連絡が絵名、そしてせりかへ。せりかを想う絵名、星加、せりかの母、せりかの地元のコロッケ屋のおじさん、ISSのクルー、そしてムッタ。


父の死以来、泣かないせりか。ムッタは週刊六太の予定を変更し、月面うどん作りを披露。かつてJAXAの閉鎖環境試験でせりかと共にうどんを作ったように。ムッタは「今その仲間たちは・・・変わらず同じ志を持ったまま、それぞれの場所で頑張っているのを私は知っています」と放送で告げる。その声はせりかに届き、せりかは実験を再開、その模様はNASAで公開される。話が違うとJAXAに対しALS実験中止の公表を迫る文科大臣。


「人の悪口というのは、
仲間内で言う人は”凡人”
口に出さない人は”賢人”
不特定多数に向けて発信する人は”暇人”ですから

見なければ言われないのと同じです」

と中止発表を拒否する茄子田。そしてJAXAに対してALS実験継続を宣言するせりか。「チャンスがあるほうに賭けるしかない」と。


文科省はALS実験中止を発表、それでも実験を辞めないせりかに対しさらに誹謗は広がる。一方ISSでは他のクルーがステーション内にロシア人がコニャックを隠し持っていたのを探し出し、地球との通信が切断されている状態をいいことに、一杯どうだと誘う。かつて実験に際して何でも試していたせりかの父。コニャックを試験管に垂らすせりか。「偶然だとしても治せるなら成功だ」という父の言葉が蘇る。試験結果の変化が見られさらに条件を変えてコニャックを投入。結晶成功!


今までせき止めていた涙がせりかの目からあふれ出た。思わずもらい泣きです。


読書日記人気ランキング


P_20200726_164554


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村