<目次>
  • #29 ピピピ
  • #30 宇宙の話をしよう
  • #31 謎Aと謎B
  • #32 アラームアリ時計ナシ
  • #33 グリーンカード
  • #34 手に手を
  • #35 ねじれ者
  • #36 かぺ!けんじ!
  • #37 さらばの前の日
  • #38 一番酷い仕打ち


読書日記人気ランキング


第3巻に続き、2週間の三次審査。密室の中でどんなトラブルが発生するか分からない宇宙飛行には、不測の事態にも慌てないストレス耐性とチームワークが求められる。その能力を見極めるべく、JAXAはさまざまな試練を候補者たちに与え続ける。


その一つが、仲間を裏切るような行為を極秘のうちに指令するというもの。何者かにより時計が壊され(#29)疑心暗鬼に陥るメンバー。六太は福田が時計を壊すのを目撃してしまった(#30)。そのことを告げる六太に福田はその理由に気づいたら握手をしようと言う(#31)。


そんな時、宇宙飛行士や天文学者との交流をしてきた六太にNASAのジェニファーの言葉が蘇る。古谷に鎌をかけてはJAXAの罠を見抜き、時計を壊した福田とも握手をする(#33)。食料の減りが早いのは、JAXAがせりかに指示をしたせいだと勘違いし、せりかにも握手を求める六太。思わず心拍数が上がってしまった(#34)。


『宇宙兄弟(4)』
せりかに握手を求める六太


チーム全員を信じる六太。そして、JAXAがメンバーに課した三次審査の最後の試練は、5人の中から宇宙飛行士に相応しい者を2人選ぶというもの。どうこの難問に答えを出すのだろうか?第5巻につづく。【書評】『宇宙兄弟(5) 』


『宇宙兄弟』の主題が「チームワーク」ということがだんだん分かってきた。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村