乗車した路線(奥羽本線・仙山線・東北本線・仙石線・陸羽東線)




8月16日~18日と、青春18きっぷを使って、山形・宮城に行ってきました。青春18きっぷを使った旅は、昨年に引き続いてです。昨年は入念に計画を立てたのですが、今年はけっこう行き当たりばったりでした。ローカル線は本数が少ないため、乗り遅れると大変です。途中、何度か時刻表を確認しつつ、駒を進めました。


写真の整理がついていないので、まずは行路の整理から。


8月16日


往復ともJALのマイレージ使って山形空港へ。東北へはJALは山形、秋田、三沢、青森へ飛んでいますが、花巻へは飛んでいません。三陸へのアクセスは、本当は花巻が便利なのですが。あと、山寺へ行きたかったので、山形空港経由にしました。


昨年は、東北本線を郡山まで北上したんですが、東京発の幹線って、けっこう青春18きっぷを使っている人がたくさん乗っています。しかし、飛行機で山形まで飛んでしまうと、あまりそのような人は見かけませんでした。


出発地  到着地  普通運賃  主な目的
羽田空港 山形空港    
山形   作並   580 仙山線踏破のため
作並   山寺   320 立石寺(通称山寺)
山寺   米沢   1140 上杉神社
米沢   峠    320 温泉宿
合計 2360  


8月17日


2日目は主に海側へ。けっこう海の間近を通って行きます。今年の5月30日に震災から復興して仙石線(あおば通り~石巻)が全線開通しました。


出発地  到着地  普通運賃  主な目的
峠    石巻    2590 復興状況を見る
石巻   松島海岸 500 松島遊覧船・五大堂
松島海岸 作並   970 温泉宿
合計 4060  


8月18日


3日目は陸羽東線を踏破。のどかで素敵です。


出発地  到着地  普通運賃  主な目的
作並   仙台      500 途中下車
仙台   鳴子温泉    1660 鳴子温泉
鳴子温泉 さくらんぼ東根 1660 山形空港
合計 3820  


おっと、16日は元を取れませんでした。


東京~名古屋が7時間で6000円。だいたい一日に乗っていられる限界の目安です。東海道線ほど速度が速くないので、17日、18日は5~6時間乗っていたと思います。


最初、この旅行を計画した時、もっと回れるんじゃないかと思っていました。しかし、デフォルメした地図だとわからないのですが、東北は思ったより面積が広いため、なかなかこれ以上回れません。三陸の気仙沼あたりまで行けるとよかったのですが、気仙沼まで行くと戻れなくなってしまう。。。(花巻空港だとよかった。)


次は、青森空港INで風光明媚な五能線を踏破するか、もしくは、今年計画して行けなかった萩へ行くか、またいろいろ検討したいと思います。


つづく。




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村