なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

タグ:人生

リンダ・グラットンの『LIFE SHIFT』に続き、『ワークシフト』も読み始めました。『ワークシフト』の出版が2012年、『LIFE SHIFT』が2016年。ふつうの人は『ワークシフト』を読んでから『LIFE SHIFT』を読むのでしょうが、順番が逆になってしまいました。もっと早く読めばよかったと反省しています。 昨日、読み始めました。現在80ページを過ぎたところです。この本について書き出すと長くなりそうなので、読んでいる最中ではありますが、書き始めます。 ...

22歳で働き始め、65歳で引退、90歳まで生き延びると、43歳年の勤労生活に対し、25年の引退生活を賄う必要があります。その場合、所得に対して29%(=25/43*50%)の積立が必要です。しかし、年金はこの寿命の延長を考慮に入れていません。また、野口悠紀雄氏のモデルも、この寿命の延びまで考慮していません。 ...

リンダ・グラットンの前著『ワーク・シフト』を読まれた方は多いかと思います。先日の朝活読書サロンでも数名読まれていました。その時は読まなかったのですが、新作が出たということで、あらためて読み始めました。 本書を読むまで、75歳まで働き、80代前半に亡くなるだろうと思っていたのです。ところが本書によれば、我々世代は90歳まで生き延びてしまう。引退年齢を80歳まで引き上げる必要がありそうです。 ...

「勉強は一生続く」 小学五年生、小学二年生の娘二人を呼んで、 パパは大切なことは何度も言わないと断った上で そう話した。 ...

前々からそう思っていたのですが、最近は「真理」だと確信しつつあります。 それは、「男は女に育てられる」ということです。 「男を育てるのは女」という言い方もできます。 ここ最近、そう思う出来事が立て続けに起こりました。 ...

著者の篠田桃紅さん。本書出版時点で、数えで103歳(満年齢102歳)、現在数えで104歳(満年齢103歳)。水墨を用いた美術家で、現在も現役で活動されています。私が本書に魅せられたのは、私自身が生涯現役でいたいと思うからです。90歳を過ぎ、なお現役だったピーター・ドラッカー、100歳を過ぎてなお現役の聖路加病院の日野原重明先生。 そして、篠田桃紅さん。こうした方々がどのような人生観を持っているかということを知ることは、今後、生涯現役の人生を歩んで行く上で、なにがしかのヒントになるでしょう。 ...

歴史ノンフィクション作家・渡辺京二氏、『オニババ化する女たち』の著書津田塾大学三砂ちづる教授と、そのゼミ生・OGの対談本。 三砂先生を知ったきっかけは、Yasmineこと川原さんからのおすすめ。仕事と育児の両立の難しさについて、Facebook上でやり取りしていたことがきっかけだったと思います。 ...

40歳を過ぎた時、「もう40歳になってしまったか」と思った。それから40歳の本をいくつか読んだ。それから7年経ったけど、少し振り返っておきたいと思う。当時、分からなかったことが、多少、分かるようになっただろうか。 ...

自粛ムードの萌芽が少しずつ見られます。 自粛は危険です。なぜなら、自粛は社会の破壊をもたらします。 小さいうちに、少しでもその芽を摘み取っておくべく、 この記事を書くことにしました。 ...

いよいよ今週末、センター試験となり、大学受験がはじまる。 高三の長女の大学受験が始まる。 人生とはなんと短いことか。 中学高校の6年間はこんなに短いのだろうか。 生まれてからの18年間はこんなに短いのだろうか。 あと、親としてできることは何だろうか。 ...

10歳の時、直近の5年は人生の半分でした。 それは、とてもとても長い時間でした。 20歳の時、直近の5年は人生の4分の1でした。 まぁ、そこそこ長い時間でした。 40歳の時、直近の5年は人生の8分の1でした。 あれ?5年ってこんなに短かったっけ? このままいくと・・・ ...

先週、今週とで二週連続で、還暦となった渥美さんの話を聞きました。 まずはご卒業おめでとうございます。 人によって受け止め方が違うかもしれません。以下は私の受け止めた印象です。 ...

私の娘二人もまもなく入学を迎えます。 無邪気と言いますか、あまりまだ不安はなさそうです。 今日、新しい人生を踏み出した人 また、我が娘たちの新しい人生の門出を祝したいと思います。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ