なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

タグ:大学

長女が農学部に進学してくれたおかげで、 先月から今月にかけて、 大量のトマト、キュウリ、ジャガイモがもたらされました。 キュウリのドでかさがお分かりでしょうか? ...

土曜日の午後、長男と東京大学五月祭に行ってきました。 五月祭に行くのは初めてです。第一印象は、来場者数が多い!こんなに来るのかとびっくりです。模擬店を出店している最大勢力は大学一年生のクラスのようです。入学1カ月後のクラス団結の儀式のようなものですね。自分の大学時代の文化祭を思い出しました。ただ、今回も模擬店等が目当てではなく、アカデミックな展示が目的です。 ...

今日は、長女・長男のダブル入学式。 長女が大学1年生、 長男が高校1年生。 妻は長女の入学式へ、 私は長男の入学式へ。 あいにくの雨となりました。 ...

この1月から2月の心構えとしては、すべての夜のお誘いをお断りました。何かできるわけではありませんが、子どもに精神的なかく乱要因を与えないこと、そのことに尽きます。努めて平静を装いました。 ...

国立大学の文系学部、特に教育養成系の新課程と呼ばれる分野(著者が課程長を務める教育人間科学部が該当)が廃止の憂き目に遭うとのことで、大変だそうです。文科省サイトで公開されています。 しかし、大変なのは、一部の(あるいは半数未満の)大学、一部の学部であって、国立大学の『文系学部解体』という本書のタイトルは、煽り過ぎではないか、偏ったものの見方ではないかと私は感じるのですが、いかがでしょうか。 ...

本日・明日、大学入試センター試験です。 長女の大学受験が始まりました。 あまり言うことはありません。 実力を100%発揮することを望むだけです。 ...

中3の長男と東京大学駒場祭に行ってきました。 長男を連れて行ったのは、将来を見据えてのことです。 将来大学に行って何をするのか、 多少なりともイメージ作りができればと考えました。 ...

少し前にFacebookでもTwitterでも、私のまわりでこの記事がバズっていましたので、一言述べておきたいと思います。私にとって、今後わが子どもが大学に進学することもあり、大学の動向は決して他人事ではありません。 さきに結論を申しておきますと、私は国立大学のリストラクチャリングに賛成です。というか、みなさん、トンデモ記事に騙されないようお願いしたい。 ...

3*3ラボで開催された 【教育政策シンポジウム】「高等教育のグランドデザイン~少子高齢化/経営/研究/グローバル競争の視点から~」に参加してきました。 少子化により大学全入時代と言われて久しいですが、現在はさらに深刻で「研究の質」を落とさずに「大学のダウンサイジング」を行うことが主テーマでした。 ...

このファイルはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。 *高校から大学への進学 自宅で長女(高1)と会話をしながら、ふとこんなことを考えた。 高校1年の秋といえば、まもなく文系・理系の進路の分かれ道だ。いまのと ...

「ワールドカフェ」カフェ(2013年6月4日) 一昨日前、企業間フューチャーセンターの仲間たちと、「ワールドカフェ」をテーマにしたワールドカフェを行った。今日、ふとそのことを振り返っていたら、1年半前にフューチャーセッションズの野村さんが提唱した「フューチャーセ ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ