なおきのブログ

読書会 / 書評ブログ / 自然言語 / 妻1息子1娘4の7人家族 / 未来の学校 / Dead Teachers Society

タグ:妄想

本能寺の変が起きたと知った時、誰が羽柴秀吉の最終勝利を予測できたのだろうか? 歴史オタの私といたしましては、歴史と照らし合わせた現在進行中の衆議院議員選挙を占っておきたいと思います。 ...

本書は、官能小説家を目指す女性向けに書かれたという。 えっ?!官能小説家を目指す女性向けって、そんなに需要があるのか?というのがまずびっくりした点。本書は読み始める前に、4月28日の朝活読書サロンで紹介済みで、その際、女性参加者からは「あるある」という答え。そうなのか。 ...

正直に告白します。これまでのところ、壇蜜には興味がありませんでした。これまでのところは・・・・しかし・・・・・私のその認識を改めざるをえなくなりました。毎日ブログを綴れば、毎日ブログを綴っている壇蜜と、そのうちいつかお会いでき、○×△なことができるのではないかと、いろいろ妄想して、やみません。 ...

この金曜日、下半期開始にあたって職場で決起集会を開催しました。参加人数は約200名、不肖、私めが責任者を務めているイベントで、かれこれ6回目の開催となります。 オオトリの出し物は、『もしかしてだけど』の替え歌。前日にはネタをきかされていたのだけど・・・もしかしての大爆笑。途中、私自身が操作ミスをしてご迷惑をおかけしたものの、そのミスをものともしない、大盛況と相成りました。 ...

当ブログ、官能書評ファンのみなさま、お待たせしました。官能あり、笑いありの書評をお届けさせていただきます。週刊文春で「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」という決まり文句から始まる連載記事『人生エロエロ』を執筆中のみうらじゅん氏。彼がどのような人物なのか、実は週刊文春の連載以上のことを知りませんでした。氏の著書が出ていることを最近知り、「3分の2がいやらしいというその頭の中を覗いてやろう」と思い、二冊ほど読んだ次第です。 ...

青春18切符で日帰りでどこまで行けるだろうか?シミュレーションしてみました。経験上、東京~名古屋が7時間かかります。これが座り続ける限界です。東京~仙台、東京~新潟も、ほぼ同じ距離感です。ですので、日帰りで行けるのは、名古屋以東、仙台以南、新潟以南ということになります。 ...

半沢直樹の妻、半沢花を演じた上戸彩(上戸彩 カレンダー 2013年) 世の中、半沢直樹、半沢直樹とかまびすしい。猫も杓子も半沢直樹。 「なおき」といえば、「なおきのブログ」の著者がここにいるのだけれども。 特に好みのタイプではないのだけれども、上戸彩に何度も何 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ