なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/鉄道
Book Review / Community Design / Future Center / Railway

タグ:映画

先々週と先週連続でテレビ放送された『トランスフォーマー』、二作目の『トランスフォーマー/リベンジ』を見ました。一作だけ劇場で見て、それ以降は見ていませんでした。気づけば、既に五作品、映画化されているんですね。 ...

どちらかというと物静かな印象の方だったのですが、本書に彼女の心に秘めた熱い情熱と夢が語られていました。読みながら、何度かほろっと来てしまいました。 ...

1月13日の小学校の学校公開日でのアフリカの子どもたちとのビデオを通じた交流、アフリカ民族音楽の即興演奏の模様が、英字新聞のThe Japan Timesに掲載されました。 ...

本日、学校公開日でした。一時間目は全学年共通で「百人一首」。六年生の三時間目は、総合学習の時間で、写真家の桜木奈央子さんが今年度三度来校していただきました。そして今回は、NPO法人World Theater Project(WTP)の教来石小織さん、ミュージシャンの永原元さんもご一緒でした。 ...

映画『帝一の國』のDVDを観た。あまり見るつもりはなかったのだけど、面白くて見入ってしまった。 舞台は、生徒会長からは総理大臣を何人も輩出しているという海帝高校。生徒会長に選ばれることは、単なる出世の道だけでなく、将来の総理大臣候補と言える。 ...

小学六年生の授業のゲストスピーカーは、写真家の桜木奈央子さん。次女が小学六年生だった三年前にもお話しをきき、そして三女が小学六年生となる今年、再度お話しを伺うことができました。 そして、前回からの進展がありました。それはアフリカ・ウガンダの子どもたちのためにクラウドファンディングで映画上映会にこぎつけたことです。 ...

現在映画が絶賛公開中の『夜は短し歩けよ乙女』。原作の初出は2005年9月、ハードカバーが2006年11月の発売なのですが、本書の存在に気づいたのはシミルボンでした。昨年末ぐらいから、妙に書評の数が増えていたのです。 ...

読書会で出会った本はすべてを読むことはできません。しかし、紹介内容を聴き、興味をそそられた小説がいくつかあります。それがですね。すごいんですよ。それらの本がその後映画化されるという。そしてつい最近読了した本が、今月あらたに映画化発表されました。 ...

戦前の暮し、戦争への足跡、戦時下の配給生活、もんぺ、兄の戦死、空襲、防空壕、義理の姪の死、負傷、原爆炸裂、敗戦、原爆被害、そして孤児。戦時下の銃後の暮し、戦時下の空襲被害の在り様がよく描かれていました。 ...

昨晩、レイトショーで『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観てきました。様々な謎を残しました。 ・新主人公レイは何者なのか?親は誰なのか?なぜ、フォースを継承しているのか? ・暗黒面の新黒幕ファースト・オーダーの最高指導者スノークは何者なのか? 『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場していた誰かなのか? ・ルーク・スカイウォーカーは今後どのように関わってくるのか? ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ