なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/鉄道
Book Review / Community Design / Future Center / Railway

タグ:読書会

第7回社内読書部(ランチョン)を開催。3名の参加者となりました。紹介を受けた本は、『起業の科学』と『蝉しぐれ」、紹介した本は『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』と『仕事と家庭は両立できない?』でした。 ...

昨年4月から始めた「品川読書会」も、10回開催となりました。今回の参加人数は2人でした。 ここで簡単に過去を振り返っておきます。のべ参加人数は39人で、一回あたりの平均参加人数は3.9人でした。リピーターが多いため、これまでの参加人数は11人、1人当り平均3.6回参加いただいた勘定になります。 ...

一つの本を巡り、読者が異なれば異なる読み方をしています。読書会にて、一つの本を巡り、紹介者が異なれば異なる紹介をしてくれます。一つの本を自分から見えている方向だけでなく、見えていなかった方向からも光が当てられ理解を深めることができる、それが読書会の醍醐味というものです。 ...

2018年は、読書会の出稽古をしようということで、にしやんこと川西さん主催の「ええやん朝活読書会」に参加してきました。 「本との出会いは人との出会い」と言われます。今まで、著者・作家との出会いと捉えていました。しかし、今日、別の意味を見い出しました。それは読者との出会いです。 ...

9回目となる品川読書会を開催しました。今回は5名の参加となり、1名は久しぶりの友人で、終わった後もしばらく旧交を温めることができました。なお、読書会の参加はのべ111回目となりました。 ...

人間には二通りの人しかいない。本を読む習慣のある人と本を読む習慣のない人である。習慣とは生き方の選択のことである。本を読む習慣があるかないかは、生き方の選択を迫られていることになる。そして、この二つは天と地の差が開き、成熟社会では本を読まないと生き残れない、と著者の藤原和博氏は言い切る。 ...

第5回社内読書部(ランチョン)を開催。3名の参加者となりました。前日の朝活読書サロンにつづき、二日連続の読書会です。写真を撮り忘れるところでしたので、店の入り口の魚のショーケースの前で撮影しました。 ...

第98回朝活読書サロン。女性5名男性2名の参加となりました。私自身109回目の読書会参加となります。午前様になってしまったので、紹介文はかなり端折ります。 ...

8回目となる品川読書会を参加しました。今日参加いただいた方は、吉岡さんともう一人の女性。お二人とも常連になりつつあります。そして今回でのべ108回目の読書会参加となりました。 ...

第96回朝活読書サロン。女性6名男性2名の参加となりました。新規メンバー1名(大学生)も参加です。私自身106回目の読書会参加となります。なお、この週は3回読書会参加を予定しています。 ...

第4回社内読書部(ランチョン)を開催。参加者は3名でした。11月13日(月)は、早朝に朝活読書サロン、ランチョンで社内読書部と、読書会を2軒梯子です。ちょっとずるいかなと思ったのですが、2回とも同じ本を紹介しました。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ