なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

タグ:選挙

本能寺の変が起きたと知った時、誰が羽柴秀吉の最終勝利を予測できたのだろうか? 歴史オタの私といたしましては、歴史と照らし合わせた現在進行中の衆議院議員選挙を占っておきたいと思います。 ...

日々状況から流動的ですが、ビッグサプライズ(小池氏出馬とか石破氏自民党離党など)がなければ、方向感が見えてきました。言えることは一つ。「希望の党に投票してはいけない」ということです。 ...

今日一日、一気に政治が動いたように思いますので、メモを残しておきます。 民進党代表の前原氏が、自分は無所属で出馬するとか、民進党議員を「希望の党」から立候補させたいとか、一体何が起きたのだろうと思ってしまいましたが・・・ ...

長島昭久氏が、自らを「保守政治家」であるとし、民進党を離党しました。長島氏に次の衆議院議員選挙で勝算があるのか、俄かに気になったため、また、比例東京ブロックの得票率を見ていたら、過去の政党別得票数の推移が俄かに気になりましたので、ちょこっと調べてみました。長島氏の危機意識の原因も明確になりました。 ...

イギリス、EU離脱の国民投票。 そして、今日のアメリカ大統領選挙におけるトランプの勝利。 後世から見て、2016年をどのように見るのだろう。 イギリス、そして、アメリカは、孤立主義へ舵を切った。 後世の歴史家はそう判断するかもしれない。 ...

2000年から2006年まで長野県知事を務めた田中康夫。2002年に脱ダム宣言を出し、箱モノ行政と決別し、財政再建路線へと舵を切った田中康夫氏を私は評価しています。本当にこの人でいいのかどうかを確かめるために、田中康夫氏の著書『日本を』を読みました。結果は〇です。 ...

並み居る候補の中からひときわ目立つのが 社民党公認の増山れな候補。 しかし、名前をぐぐれば、飛んでもない御仁だということが分かります。 とはいえ、相手を知らずして批判することもできないので、あえて著書を読んでみました。 ...

来週の日曜日(7月10日)は参議院議員選挙の投票日です。 東京都選挙区について、誰に投票すべきか、考えあぐねています。 ビジネスパーソン方は、軒並み困っているんじゃないでしょうか? ということで、困り状況をシェアいたしますので、 参考にしていただければ幸いです。 ...

今回の参議院議員選挙から、満18歳の人に選挙権が与えられます。 満18歳なので、1998年7月11日生まれも対象です。 我が家の長女も初の選挙となります。 満18歳以上のみなさん、選挙に行きましょう。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ