なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

タグ:鉄道

Google+を眺めていたら、 すごいNゲージの動画投稿見つけました。 このNゲージコレクション 作り込み精度が半端じゃありません。 臨場感があふれます。 日本人のモノづくりの真髄を感じます。 ...

昨今、海外へと羽ばたいていく友人・知人が多いです。 企業間フューチャーセンターの理事を務めていた鈴木核さんもその一人。独立行政法人国際協力機構(JICA)を通じて、シニアボランティアとしてザンビアに赴くことになりました。 ...

7月に江ノ電に乗ったことがきっかけで読んでみようと思ったのがこの本です。以前、いすみ鉄道の本を読みましたが、その本にも通じるものがあります。鉄道経営とは何たるか、鉄道マンの心構え・プロ意識・矜持がわかります。 ...

ここの混浴露天風呂は写真を見るとよさげで、実際写真の通り素晴らしかったです。夜と早朝に入りました。しかし、大きな旅館の割りには入っている人が少なく(だいたい2~4人)、もったいない感じがしました。 ...

東日本大震災後に被災地を訪れたことがなかったので、今回初訪問。石巻を訪れました。今年の5月に仙台と石巻を結ぶ仙石線が全線復旧しました。 ...

滑川温泉の最寄り駅である峠駅。てっちゃんには有名な秘境駅です。奥羽本線の福島米沢間は、普通列車が1日6本しか止まりません。秘境駅の名づけ親、牛山氏のホームページによると、秘境駅ランキング全国堂々の第20位。どんな秘境かと思ったら、想像を絶する秘境駅でした。 ...

今回の鉄道の旅の発見の一つは、山形新幹線と在来線の共存状況がわかったこと。山形新幹線と線路を共有する福島~新庄間の在来線の奥羽本線(山形線)は、新幹線と同じ標準軌(1435mm幅)を採用しています。通常の狭軌の在来線の電車(1067mm幅)と比べると、明らかに安定しており、横揺れが少なく、かつスピードも出しやすいです。 そして、山形駅から羽前千歳駅までの二区間は、仙山線も並走するわけですが、仙山線は狭軌(1067mm幅)です。線路を共有することができませんので、この二区間の間、ずーっと平行して線路が続きます。しかし、羽前千歳駅の手前でクロスします! ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ